annon tea house について

水と緑溢れる岐阜、伊奈波神社ほど近くに2012年12月2日にオープンした
MlesnA紅茶の専門店 annon tea house です。

セイロンのムレスナ社独占茶葉でもある、ヌワラエリヤF.B.O.P(フラワリー・ブロークン・オレンジ・ペコ)茶葉にスイスの有名香料メーカーのナチュラルフレーバーを合わせることにより、苦味、渋味が少なく身体に優しい、香り豊かな紅茶をお届けします。

100種類以上のナチュラルフレーバーティーにセイロンの茶園別ブラックティー、特製マフィンサンドウィッチに、ティーシロップたっぷりの究極の銅板ホットケーキをご用意して。

一杯の紅茶で心あたたまるひとときを。

お店の名前について

annon とは 「安穏」。
私、店主の苗字が西に願うと書き、西願(さいがん)と申します。
そのことから、人生で必ずどちらのお寺様ですかと聞かれること多数。
「西願」の響きからお寺の西本願寺を連想されるようで、ならば親鸞聖人の唱えた「安穏とした世の中を」のメッセージをいただこうと思いまして。
そして、加えてお店を構えたこの場所、旧岐阜町にはお寺が「47」つ存在することを知り。

annon tea house が48つ目のお寺のようなたくさんの人が集まる場所になれるようにと祈りを込めてお店をつくりました。

思いコンセプト

日常の中の非日常のスパイス。
家と職場の間に。家と学校の間に。
「間」の時間。
annon tea house で紅茶を楽しむ時間、それは日常からふっと一息つける時間。
ソファに腰をおろし、窓から見える緑の山を眺める、カウンター越しにポットの湯気と紅茶の香りに包まれ。
日常がつかの間の非日常になる。香り匂いで気分を落ち着かせ、一杯の紅茶で楽しい気持ち、心を満たす。
そんな心のスイッチがオンオフできるような場所に、飲んで幸せになれる MlesnA TeA を時間を愛を持って届けたい。

店主西願